【スーパーカブ】奈良カブミーティング2022に参加させて頂きました!|三重県伊賀市 山口鐵工



こんにちは。

山口鐵工です♪


いつもブログをご覧いただきありがとうございます(^^)


天気がとても良く本当にすがすがしい気候の2022年10月30日、奈良県の唐古・鍵遺跡史跡公園にて盛大に開催された奈良カブミーティングに参加してきました。


チーム山口鐵工からは、3台のカスタムカブと魔改造スカッシュ、スカイという計5台で会場に向かいます。といっても、スカッシュとスカイは会場展示はできませんので今回は会場までの足として使っただけですが。。


私事(ブログ執筆者ごと)ですが、原付バイクで公道を走るのは20年以上ぶり。


天気も良かったので、すんごく気持ちよくて気分は最高!

めちゃくちゃ久しぶりに単車に乗って走る楽しさを思い出しました♫


とはいえ、伊賀市から奈良県までの道のりを原付でというのは、なかなか大変です。


しかしそこは我らが山口鐵工社長!


「トラックに単車5台を積んで途中まで車で行こう!」と、大人の裏技をフル活用してラクラクと現地周辺駐車場までGO!です♪


社長曰く「これが大人の余裕や!」だそうです!笑




そんなこんなでメンバー5名で会場に到着しましたので、ここからは奈良カブミーティングをレポートしていきますよー!!



会場到着




奈良カブミーティングって聞いたことありましたか?


私は、そんなイベントがあることを知らなかったのでイベントの規模感や参加者数など全然分からない状態でした。


まず会場に着いて驚いたのが、参加者の多さです!!


「えーー!!こんなに多いのー!?」


と、マジで驚いたと同時にめっちゃテンションMAXに上がりまくりです!!


公園に着くとスタッフの方がたくさんいらっしゃって、バイクのエンジンを切って押すように指示されますので、従って押しながら進んでいくと目の前には同じようにカブを押して居るく人がザっと100人は連なっています。


ここで私と社長夫人はカブではないので停車場所が違い、カブ以外を停めるスペースに駐車して社長たちと合流しに向かいますが、とにかく人が多い!!


人、人、ヒトでメンバーがどこにいるかサッパリ分からないほどです。


やっとの思いで社長たちと合流し、いよいよ奈良カブミーティングの始まりです。



奈良カブミーティングリポート


ここで今回参加している5名のメンバーを改めて紹介します。


社長、社長婦人、クロちゃん、DJチンタ、私(執筆者)になります。


クロちゃんとDJチンタさんは、以前ブログに書いたウォークスルーバンにペイントを施してくれたイケてるご夫婦で名古屋からのご参加です。


出展したカブはこちらの3台です。

  • 社長がカスタムした山口鐵工号

  • DJチンタが乗る山口鐵工号2

  • オリジナルカスタムクロちゃん号


↑こちら手前から3台がチーム山口鐵工です。



バイク台数6500台、来場者数12000人という果てしなくたくさんの人が参加していた奈良カブミーティングですが、手の込んだカスタムカブはそこまで多くはなく見ている感じだと1~2割程度といったところです。


そんな中、チーム山口鐵工の3台はなんと、なんと!


到着するや否や、すぐに取材して頂けました!!


それもそのはず、山口鐵工号はもちろん気合入ってますが、もう1台のクロちゃん号も凄いんです。


ということで、2台のカブを紹介していきます。


山口鐵工号・クロちゃん号紹介!


山口鐵工号


まずは山口鐵工号!



カスタム詳細はこちらの記事をご覧ください。

※こちらをクリック!


ボバースタイル風のカスタムに仕上げており、全体のバランスがよく人が乗車したときのシルエットが最高です。


フレームを延長し、ホイールベースを長くした点が更にバランスを高めています。



ライト類は全てLEDで、オーリンズリアサスがマッチョなイメージを引き立てます。


是非、実物を見て欲しい本当にクールな1台です!



クロちゃん号

続いてクロちゃん号、こちらはペイントから溶接まで何でもこなすクロちゃんが腕によりをかけて作った凝りに凝った自信作。


こちらも相当手の込んだイケてる1台!

随所にこだわりが詰まったカッコいい1台です♪


2台とも、かなり個性的なカスタムで会場の皆さんのハートをグッと掴んでいましたよー!!



会場案内と他参加者のカブ紹介!


会場案内

見てください、このカブの台数!これでほんの一部です。


この写真で全体の4分の1に満たない台数なんです。


圧巻の参加数ですよね!笑


こんな奈良カブミーティングの会場を軽くご案内していきますね。


今年の物販出店は45店舗、飲食店は15店舗だったそうです!


この物販や飲食店をお祭り感覚でブラブラするだけでも十分に楽しさを味わえますよー!



他参加者のカブやバイクを紹介


さすがにこれだけの数となると、ものすごく興味をそそるバイクも現れます。


全てを紹介するのは不可能なので、的を絞りに絞ってごく一部ではありますが他のカブたちを紹介します。


それではどうぞ!


↑BMのカウルを無理やり取り付けた面白いカブ!


この頭でっかち感がおもしろいですよね!笑


↑こちらはカブをモトクロスカスタムした2台、奥のカブは耐久レースなんかにも参加されているそうです。


↑こちらカルピスパロディの1台!笑



↑こちらはペタンと車高を落としたバランスのとれたかっちょいいマシン。



↑これもカッコいい、シンプルながら味わい深い1台ですねぇ。



↑上記2枚の写真は、シャア専用カブww


なんと岡山県から自走で来られたそうですよ!


私、お土産の吉備団子を頂いちゃいましたよー笑


↑こちらはレトロスタイルでいぶし銀♫


もはやカブだとは誰も思うまい!笑


↑出た出た!イニシャルDの藤原豆腐店スタイル。


やっぱりこういうパロディ系は皆さんの注目をくぎ付けにしていましたよ!


↑ワタクシ、こういう牽引車スタイルは初めて見ました!本体ももちろんかなりカッコいいのですが、そんなことよりも長さが気になってしまいます!笑



↑上写真2枚。こちらもクレイジーなデザインが施されていて相当ロックンロールですw


↑これスタンダードにカッコいい!(だんだんコメントが適当になってきたw)


↑私(執筆者)が一番気に入ったのがこの2台!


とてつもなく洗練されていてカッコいいですよね!すべてが高精度にまとめられていて言うことナシです。(個人的な意見でスイマセン)



↑そしてこいつ、かなり目立ってました!


上の写真を見てください。ハンドルがエグいことになっています。


全体のカスタムもかなりオリジナリティにあふれていて、奈良カブミーティングのカスタム賞受賞車に選ばれていましたよ!!



今回の他車紹介はこんなもんにしておきます!笑


ユニーク目線のものが多めになってしまいましたが、他にもシブめのカスタムカブはかなりたくさんありました。


でもね、実際台数が多すぎて暗い目のカラーのカブはどうしても全部同じに見えてきてしまいますのでインパクトという意味では引けをとってしまいますね!


ぜひ次回のカブミーティングは、社長に派手目なカラーにしてほしいと伝えてみます!笑



今回の奈良カブミーティングは、動画を作る予定ですのでそちらも楽しみにしていてください。



最後に

山口鐵工では「たった1台のオリジナルモデルを」をモットーに、


車やバイクなどのワンオフパーツの製作やカスタム全般に力を入れています。


  • オリジナルカスタムをしたい

  • こんな部品作ってほしい

  • 他で断られた

などなど、どんなことでも気軽にご相談くださいね!



それではまた!






閲覧数:44回0件のコメント