【岩倉狭 紅葉ライトアップ】イベント用のモニュメント製作!とても素敵なお仕事でした|三重県伊賀市 山口鐵工


こんにちは。

山口鐵工です(^^)


11月に入り、いよいよ秋本番といった感じで木々が色づいてキレイになってきましたね。


そんな中、伊賀市文化都市協会オーガナイズのイベント「岩倉狭 紅葉ライトアップ」が11月15日~30日にかけて開催されます。


今回は紅葉ライトアップイベントのメインになるつり橋前のハート型モニュメントをご依頼いただきましたので制作の様子を紹介します。


岩倉狭 紅葉ライトアップの詳細はこちら!


こういう仕事は楽しくて製作意欲がウズきますし、最後まで楽しく製作させていただきましたよ!


それではいきましょう!


イメージから図面作成



まずは図面からです。


やっぱりこの手の製作には図面が欠かせませんよね。


最初に送っていただいた資料は、簡単なイラストでしたので写真のようにCAD図面をつくるところからスタートしました。


ハート形の頂上部分がとんがってしまいますので、高めの設計にして高身長の人が通っても頭が当たらないように考慮しました。



製作工程


CAD図面が完成したら、必要な材料を揃えていきます。


今回の肝になるのは、大きなハート形を作るためのR部分の加工です。



この大きな曲げ加工は、特殊な方法ですので専門業者に依頼。


この指示を間違うと大変ですので、先ほどのCAD図面でしっかりと示さないといけません!




材料が揃ったら次は組立てをしていきます。


組立ては床の鉄板にガイドを取り付けて位置や角度がズレないようにしていきます。


上写真に写っている小さな鉄板がガイドですね。


このようにして位置決めをしっかりと行い溶接していきます。




溶接は、写真のようにまず仮付けで組み立てていって形を作ります。





仮付けでの組み立てが終わったら、次はしっかりと本番溶接を行います。





溶接後は、こんな感じですね!




溶接が終わったら、サンダーでビードを削って平らにしていきます。



溶接をした後は、溶接部分が絶対に盛り上がってしまって、そのままではキレイに仕上がりませんので特にこういったキレイな見た目が求められる建造物などの場合には必須作業となります。




モニュメントのメインになる部分はこれで完成!


新人のマサ君も納得の仕上がりで思わずラブ注入してます!笑




あとは土台になる鉄板に溶接すれば製作は完了です。


今回、設置する現場はつり橋前のコンクリートの上に置くだけの設置です。


風にあおられても揺れたり倒れたりしないようにしっかりと大きめの土台を取り付けていきます。



位置決めをしたら、溶接でガッツリと取り付けて完成です!



モニュメント完成



完成後、塗装までしたものがこちら。


なかなかキレイに仕上がりましたよー!


これを岩倉狭に設置しに行きます。



現場設置


こちらが設置後の写真です。


つり橋の入り口に設置したハート形のモニュメントがとっても可愛いですよね!


あとは運搬などで塗装が剥がれた箇所を刷毛で再塗装して作業完了です。



今回の山口鐵工の仕事範囲はここまでですが、この後は別業者さんがキレイに電飾を飾り付けてくれます。


これは完成が楽しみですね!


是非11月15日~30日まで開催の紅葉ライトアップ、見に行ってくださいね(^^)






おまけの1枚

新人マサくんと社長のツーショット!笑


一切テレのない新人マサくんに対し、腰の引けた社長のテレ具合が抜群の1枚でしょ!


どんな仕事も全力で楽しむ山口鐵工らしい1枚でしたー!!







最後に

山口鐵工では「NOと言わないことを大切に。」をモットーにしています。


お客様の「あーしたい、こうしたいをカタチに」するお手伝いをさせて頂きますので


どんなことでも気軽にご相談くださいね!



それではまた!






閲覧数:55回0件のコメント